ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 平成29年7月5日からの九州北部豪雨に伴う「災害派遣等従事車両証明書」の発行について【期間変更】
  • 宗像市防災メール
  • 宗像防災マップ
  • 宗像市災害高さマップ
  • 各種証明書・申請書
  • 防災計画等
  • AED設置場所一覧
  • 放射線モニタリング調査結果

平成29年7月5日からの九州北部豪雨に伴う「災害派遣等従事車両証明書」の発行について【期間変更】

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月25日更新
平成29年7月5日からの九州北部豪雨に伴う災害に際し、被災地支援等を目的とする車両に対して「災害派遣等従事車両証明書」を交付します。
高速道路等有料道路の料金所を通る際に、本証明書を料金所に提出することによって、有料道路の通行料金について無料措置が講じられます。
福岡県と大分県で申請書等が異なります。ご注意ください。

1 無料措置期間(期間を変更)
 平成29年7月7日から平成29年12月31日まで 

2 対象車両
(1)自治体等からの要請により、被災者の避難所または被災した県市町村の災害対策本部(物資集積所を含む)への救援物資等を輸送するための車両
(2)自治体等からの要請により、被災地の復旧・復興にあたるための物資、人員等を輸送するための車両
(3)自治体が災害救援のために使用する車両
(4)災害ボランティア活動であって、被災した自治体等が要請・受入承諾したものに使用する車両

3 証明書発行手続き
 下記の必要書類を持って、窓口(市役所地域安全課)にて手続きを行ってください。
◆必要書類◆
(1)災害派遣等従事車両証明の申請書
※車両1台ごとに1枚の申請書が必要です
※福岡県と大分県で申請様式が異なります
(2)被災地からの依頼内容等がわかる書類の写し
【ボランティアの場合】受付ボランティアセンターの証明書
※被災地域において、社会福祉協議会等のボランティア受入を行っている団体へ、「災害派遣等従事車両証明書に係る災害ボランティア証明書」をファックス等により提出し、確認いただいたもの。
※福岡県と大分県で申請様式が異なります
ボランティアを受け入れていない自治体もありますので、下記社会福祉協議会のホームページ等で最新の情報をご確認ください。
【国等からの委託の場合】委託内容、行程が分かる書類
【その他の場合】行程、被災地の受け入れ体制、組織の概要が分かる書類

(3)車検証の写し(※ボランティアの場合のみ)
4 有料道路料金の無料措置が講じられる路線
有料道路路線福岡県大分県
【高速道路株式会社】
西日本高速道路
阪神高速道路
本州四国連絡高速道路
中日本高速道路
東日本高速道路
首都高速道路
【地方道路公社】
福岡北九州高速道路
名古屋高速道路
広島高速道路
福岡県道路
北九州市道路
佐賀県道路
長崎県道路
熊本県道路
宮崎県道路
鹿児島県道路
青森県道路
宮城県道路
福島県道路
茨城県道路
栃木県道路
埼玉県道路
千葉県道路
神奈川県道路
山梨県道路
長野県道路
富山県道路
静岡県道路
愛知県道路
福井県道路
滋賀県道路
京都府道路
大阪府道路
兵庫県道路
神戸市道路
奈良県道路
広島県道路
※大雨による影響で通行止め等が発生している場合があります。事前に最新の情報の確認をお願いします。
5 その他
その他詳細については下記リンク先をご確認ください。
6 受付場所及び受付時間
◆受付場所:宗像市役所本館2階地域安全課(電話:0940-36-5050)

◆受付時間:平日午前8時30分から午後5時00分