ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 防災知識と対策 > ブロック塀の安全点検について
  • 宗像市防災メール
  • 宗像防災マップ
  • 宗像市災害高さマップ
  • 各種証明書・申請書
  • 防災計画等
  • AED設置場所一覧
  • 放射線モニタリング調査結果

ブロック塀の安全点検について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月6日更新
 平成30年6月18日に発生した大阪北部を震源とする地震により、大阪府内において、ブロック塀の倒壊による被害が生じております。
 市民の皆様におかれましては、ご自宅のブロック塀について、以下のチェックポイントを参考に点検をしてください。また、必要に応じて専門業者に相談するなど適切な維持管理に努めてください。

ブロック塀の点検のチェックポイント(国土交通省作成)

【補強コンクリートブロック造 (鉄筋が入ったブロック造) の塀の場合】

1.塀は高すぎないか
・塀の高さは地盤から2.2m以下か。
2.塀の厚さは十分か
・塀の厚さは10cm以上か。 (塀の高さが2m超2.2m以下の場合は15cm以上)
3.控え壁はあるか。 (塀の高さが1.2m超の場合)
・塀の長さ3.4m以下ごとに、塀の高さの1/5以上突出した控え壁があるか。
4.基礎があるか
・コンクリートの基礎があるか。
5.塀は健全か
・塀に傾き、ひび割れはないか。

<専門家に相談しましょう>
6.塀に鉄筋は入っているか
・塀の中に直径9mm以上の鉄筋が、縦横とも 80cm間隔以下で配筋されており、縦筋は壁頂部および基礎の横筋に、横筋は縦筋にそれぞれかぎ掛けされているか。
・基礎の根入れ深さは30cm以上か。 (塀の高さが1.2m超の場合)

【組積造 (れんが造、石造、鉄筋のないブロック造) の塀の場合】

1.塀の高さは地盤から1.2m以下か。
2.塀の厚さは十分か。
3.塀の長さ4m以下ごとに、塀の厚さの1.5倍以上突出した控え壁があるか。
4.基礎があるか。
5.塀に傾き、ひび割れはないか。

<専門家に相談しましょう>
6.基礎の根入れ深さは20cm以上か。
ブロック塀の点検のチェックポイント
 
 ブロック塀は私的財産です。所有者の責任において管理が必要です。
 宗像市では下記のような無料住宅相談窓口を設置しています。ブロック塀の改修方法などについての相談にも応じております。ご活用ください。


【ブロック塀に関する無料住宅相談窓口】
「一般社団法人 住マイむなかた」
電話:0940-37-2525
住所:宗像市久原180番地 宗像市民活動交流館(メイトム宗像)
受付日時:平日午前9時~午後5時(土日祝・指定休を除く)